2019年2月24日(日)

「必要なことはただ一つ」

 

ルカによる福音書10章38-42節             杉山いずみ牧師

 

 

 

 働き者で気配り心配りをする姉と、おっとりマイペースで周囲の目を気にせずに自分のしたいことをする妹。この物語を読むと多くの女性はマルタに感情移入をして、働かない女性への不満を口にします。マルタの働きが評価されないどころか、イエスさまに注意までされてしまい、自分が言われているような気持になり、なんだか悲しくなります。イエスさまはマリアとマルタを比べて、マリアの方がいい、マリアの方を愛している。ということではありません。イエスさまはマルタを心にかけ、またマリアを心にかけていてくださるのです。

 

 この物語以外にもマルタとマリアが出てくる箇所がありますので、二人がどのような女性であったのかを見てみたいと思います。ヨハネによる福音書11章を見ると、マルタとマリアとその兄弟ラザロの話が出てきます。「イエスはマルタとその姉妹とラザロを愛しておられた」と書いてあります。マルタとマリアとラザロと書けばよい所を、なぜかその姉妹と書かれています。ここでも、イエスさまが来られたと聞いて、マルタは迎えに行きますが、マリアは相変わらず家で座っていました。ヨハネ11章21-22節には「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお願いすることは何でも、神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています」というマルタの信仰告白を見ることができます。マルタはイエスさまへの揺るぎない信仰をもっていました。イエスさまの言葉を聞くことを疎かにして、もてなしの準備をしていただけではないということがここから見てとることができます。

 

 さて、マリアはどのような女性であったかはヨハネの11章では分かりません。ヨハネ11章2節に「マリアは主に香油を塗り、髪の毛で主の足を拭った女である」とあります。このお話はルカによる福音書7章36-50節に出てきます。マリアは「罪深い女」と言われています。どのような罪を重ねてきたのかという具体的なことは書かれていませんが、罪を重ねてきた女性であると言うことが書かれています。マリアは泣きながらイエスさまの足にキスをして香油を塗り髪の毛で拭い始めました。これもまた周りの目を気にせず周囲を驚かせる行動です。周囲に居た人々が驚き批判を始めますが、イエスさまは「この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されたことの少ない者は愛することも少ない」と言われました。続けて「あなたの罪は赦された」「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と言われました。

 

 マリアの物語の直後に8章1-3節に何人か婦人たちがイエスさまに従い、奉仕をしていたということが書かれています。この女性たちは自ら進んで従い、イエスさまと共に居られることを喜び、愛をもって仕えていたのだろうと思います。

 

 マルタとマリアの物語の背景を少し見てからこの物語を読むと、もう少し違う視点で二人を見ることができる気がします。

 

 マルタはなぜイエスさまを家に迎え入れたのでしょうか。食事を共にしたかった、イエスさまの話を聞きたかった、イエスさまと共に居たかった、イエスさまにもてなしをしたかった。イエスさまのことを思い迎え入れたのに、自分がもてなしの準備のために立ち働いている間に妹がイエスさまの足元に座って話を聞いている。その姿に苛立ちが隠せなくなり、イエスさまに妹の文句をぶつけてしまいます。

 

 マリアには「罪深い女」というレッテルが貼られていましたが、マルタにはそのような記載は見当たりません。むしろ、しっかり者、働き者、気の利く人、そのような評価をされていただろうと思います。マルタは「正しい人」として生きてきました。妹が罪を犯し続けるのを見て裁き続けていたことでしょう。恥だと思い見下していたことでしょう。

 

 「この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されたことの少ない者は愛することも少ない」ルカ7章47節とイエスさまは言われました。

 

 マルタは自分が正しい者として生きることによって、自分の過ちや罪に気づいてこなかったのかもしれません。妹のように世間的に罪と言われるような行いはしてこなかったマルタですが、きっと彼女の心の中にあった妹への嫌悪や憎悪、裁く思いなどが、妹を傷つけていることに彼女は気付きません。妹への嫌悪感がいつの間にかイエスさまを愛する思いに勝っていることにマルタは気付きません。

 

「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」イエスさまの傍に居ること、イエスさまの言葉に耳を傾けること。そのことが何よりも大切なことです。イエスさまのこの指摘を聞いてマルタの心はどのように動いたでしょうか。イエスさまは分かっていない。なぜマリアを庇うのか。と怒りや妬みが増したでしょうか。それとも、手を止めて立ち止りイエスさまの足元に座って話に耳を傾けたでしょうか。後者であることを願います。

 

 また、マリアも癒され立ち上がることができた時には、イエスさまに従った女性たちのように、イエスさまと共に居ることを心から喜び仕えるものへと変えられていくことを願います。